アートセラピー講座でキャリアアップを目指す「色彩学校」のホームページ


アートセラピーの専門講座「色彩学校」


インターネット通信講座

・シニアアート療法士養成コース 3月スタート ・色彩心理総合科 4月スタート

色彩学校の最新情報をご紹介いたします

コース一覧 アート療法士養成コース

色彩心理の資格を取得できる総合講座「色彩学校」のホームページへようこそ。

色彩アートセラピーの資格を取得できる専門講座「色彩学校」のホームページへようこそ。

色彩学校は、当校主宰者である末永蒼生の長年の研究をもとに、色彩心理を用いたアートセラピーを実用化するために体系化された「末永ハート&カラー・メソッド」を学び、資格を取得できる講座です。

当校では、一人ひとりが「感じる」「考える」ことで心が成長していくプロセスを大切にした講義を行っています。自分自身はもちろん、人や社会に役立つ色彩アートセラピーの実践的スキルが学べます。講座修了後は、アートセラピーワークショップの実施やアトリエ活動、メンタルケアの専門家などの各人の目標を実現するために、担当講師がきめ細やかにサポート。色彩心理を用いたアートセラピーを通して社会貢献ができる人材の育成に取り組んでいます。修了生は教育や企業研修、福祉や医療など幅広い分野で活躍しています。

自分自身の心のケアや成長に役立つのはもちろん、キャリアアップなどに活用できる色彩心理。好きな色やその日に選んだ色彩は、人間の心を鏡のように映し出す“心の言語”。この“心の言語”を使って、自分と向き合い、新たな人生を描き出してみませんか?

色彩心理学者「色彩学校」主宰 末永蒼生

色彩学校の歴史

1989年「色彩学校」は日本で初めての色彩心理とアートセラピーの専門講座として、東京・青山に誕生しました。
以来、末永蒼生がオリジナルプログラムを開発・監修し、プロデューサーである江崎泰子が運営にあたっています。現在、東京本校の他、名古屋、福岡、盛岡、SEOULなどで開講し、全国45箇所に修了生たちが開く提携アトリエがあります。また、2004年には、4,000名を超える修了生のネットワーク組織「アート&セラピー色彩心理協会」が結成されました。会員たちは全国各地で、子どもから大人までを幅広い方を対象にした「末永ハート&カラー・メソッド」を活かしたさまざまなアートセラピー活動を実践しています。

色彩学校の特徴と内容

色彩学校で取得できる資格

色彩心理と末永メソッドについて

主宰者からのメッセージ

授業の様子を動画で見学

 

講座「色彩学校」で学ぶ“色彩アートセラピー”とは…

一般に使われているアートセラピー(芸術療法)の範囲は広く、絵画だけでなく音楽やダンスなど創作表現全般をさす場合もあります。「色彩学校」ではアートセラピーの中でもとくに、色彩による表現(描画やぬり絵など)に焦点をあて、心理的考察や目的、対象別のアートセラピーの方法を学んでいきます。

なぜなら、色彩は五感のうちでもとくに人間の感情や記憶、潜在意識などととても密接に結びついているからです。さらに人は誰でも、色彩を表現することで滞っていた感情を表出し、自らを癒す能力を秘めています。 そんな色彩の力を、自分のために、そして身近な人や社会のために役立てようというのが「色彩学校」で学ぶアートセラピーの方法。応用範囲は福祉、教育、医療、カウンセリング…と、多岐の分野に渡っています。

色彩学校


Copyright © 色彩学校 All Rights Reserved.